カジノやギャンブルの起源は不明であるが、カジノは、主要なゲームの1つであるギャンブルが行われる場所だ。ギャンブルは古代ギリシャとローマからエリザベス女王時代まで時を超えて行われてきたという証拠がある。ゲームに勝つチャンスに対応する行動の存在だ。ゲームは地域によって異なるが、中心的な考え方は変わらない。 古代ヨーロッパでは、ギャンブルがかつて行われていた場所はリドットと呼ばれた。それはヴェネツィアの大議会によって1638年に設立された。リドットは世界初の現代的なカジノと考えられている。祭典の間は、制限されていたギャンブルゲームが許可された。政府が、ギャンブルが地域社会を破壊していると考えたため、リドットは1774年までに正式に閉鎖された。

『カード遊びをする人々』

『カード遊びをする人々』はフランスの芸術家、ポール・セザンヌの有名な絵画である。絵は1890年にさかのぼる。この絵は、主に農業を背景に持つ2人が喫煙と飲酒を楽しみながら行うカードゲームを表している。この絵はまた、ギャンブルが古代のゲーム活動であるという証拠の一つと言われた。

『カード遊びをする人々』

 

『ポーカーをする犬』

ポーカーをする犬』は、1903年に有名な画家カシアス・マーセラス・クーリッジによる絵画である。カシアス・マーセラス・クーリッジは、ミネソタの出版会社であるブラウン&ビグローで働いていた。この絵では、彼は人間のような犬を描いた 。絵画は当初、葉巻の宣伝用に創作された。また、犬がポーカーを熱心にプレーしている様子も示していた。

『ポーカーをする犬』

『トランプ遊びをする兵士たち』

『トランプ遊びをする兵士たち』は1917年にフェルナンド・レジェによって描かれた。フェルナンド・レジェは、第一次世界大戦への献身と関心で知られている。この絵はヴェルダンの戦いの後に作成され、その訴えかけるメッセージにより、世界的に認められた。現在まで、この絵は現実に関係しており、一目ですべての人を惹きつける。

『モンテカルロのルーレット台にて』

『モンテカルロのルーレット台にて』は、1892年にエドヴァルド・ムンクが描いた絵である。エドヴァルド・ムンクはモンテカルロのカジノを定期的に訪問し、カジノのセットに刺激を受けて彼はそこに何かを描いた。この絵は、賭博台の周囲に満ちたギャンブルのエネルギーと興奮を描いている。その油絵のキャンバスは現在オスロのムンク美術館にある。エドヴァルド・ムンクは、もう一つの傑作『叫び』でも知られている。

オンラインカジノならルーレットをスマホで簡単にプレイすることができます。

特にベラジョンカジノはスマホでのプレイにオススメです。

【スマホでギャンブル】ベラジョンオンラインカジノがスマホでのプレイに適している理由

結論

ギャンブルに関するアメリカの歴史は非常に人気がある。 古代アメリカでは、かつてギャンブルが行われていた場所をサルーンと呼ぶ。サルーンの設立が多く確認された大都市が四つあり、それはシカゴ、サンフランシスコ、ニューオーリンズ、セントルイスであった。グローバル化により、毎年多くの旅行者がアメリカを訪れた。サルーンは観光客にとってエキサイティングな場所だった。 そこで彼らは新しい人々と賭けをし、新しい文化について知ることができる。 1931年、ネバダ州全体でギャンブルが合法化された。ネバダ州に、アメリカで最初の合法カジノが設置された。ラスベガスはネバダで最も有名なギャンブル都市だ。アトランティックシティはアメリカで2番目に大きいギャンブル都市である。ニュージャージーでは1976年にギャンブルが合法化された。