朝倉優佳(あさくら ゆうか)

Artist

朝倉優佳(あさくら ゆうか)

1988年東京都生まれ。女子美術大学大学院洋画研究領域博士課程後期在籍中。 2012年~2013 年ドイツ、ニュルンベルクにて滞在制作を行う。丸ノ内アートアワードでシュウウエムラ賞受賞をはじめ、ファッションブランド「ヨウジヤマモト」のコレクションへのペインティングやドローイングワークの起用、東京オペラシティアートギャラリーにて「画と機 山本耀司・朝倉優佳」展で作品を発表するなど幅広く活動する。

個展
2014 “朝倉優佳 個展” コバヤシ画廊/東京 
2011 “Thanks roads” 港房/東京

受賞歴
2014 “シュウウエムラ賞” アートアワードトーキョー丸ノ内 2014 
2014 “大久保婦久子賞” 女子美術大学
2012 公益財団法人野村財団2012年下記芸術文化助成
2011 女子美術大学 卒業制作賞

グループ展
2016 “画と機 山本耀司・朝倉優佳” 東京オペラシティアートギャラリー/東京
2014 “アートアワードトーキョー丸ノ内 2014” 行幸地下ギャラリー/東京
2014 “Crater vol.1” 遊工房アートスペース/東京
2013 “Die Poesie des Materials Auf AEG” AEG/ニュルンベルク
2013 “Ausstellung Januar 2013-Mr. White‘s Cube warten auf 7000” Lorena Espitia/ニュルンベルク
2012 “Rinneplatz-リンネプランツ:(溝の現場/場所)” Gallery Conceal, 東京
2011 “Artist‘s Action for JAPAN” 六本木ヒルズ/東京
2011 “女子美術大学 卒業制作展” 女子美術大学/神奈川
2011 “東京五美術大学連合卒業・修了制作展” 国立新美術館/東京


SEZON ART GALLERYは、セゾン現代美術館の新たな活動の一環として東京の神宮前に設立したアートスペースです。 「芸術の日常性」をテーマに、作品が生まれるアーティストのアトリエ、生まれたものが外界と摩擦を起こす展示・ 販売を行うギャラリー、さらに想像力を膨らます人々の対話の場となるカフェ・ダイニングバーが一体化した空間です。


PAGE TOP