1万円アート 東京3/100(100分の3)テディベア展

現在開催中

1万円アート 東京3/100(100分の3)テディベア展

SEZON ART GALLERY


Information

放送作家 高須光聖が発起人のアートプロジェクト第二弾「1万円アート 東京3/100(100分の3)テディベア展-」を、2017年4月29日(土)から5月28日(日)まで、SEZON ART GALLERYにて開催いたします。
http://10000yenart.com/
 
  「1万円アート」とは、今まで多くのテレビ番組を手がける放送作家の高須光聖が発起人の、新しいアート
プロジェクトです。各界の著名人が材料費1万円という制限の中、共通テーマに沿って自由に作品を作り上げ、展示いたします。2014年4月には、プロジェクト第一弾として、「1万円アート-歪んだ大人展-」を開催。
トータス松本・千原ジュニア・チームラボ猪子寿之など、総勢19名が、「歪んだ大人」というテーマに沿って、それぞれの作品を作り上げ、18日間で約1万人のお客様に来場頂き、独特の世界観をお楽しみ頂きました。

 プロジェクト第二弾にあたる今回のテーマは、「3/100(100分の3) テディベア」。100人が見た時に、3人の心にはとても刺さる、個性的なテディベアを、予算1万円で制作し、セゾンアートギャラリーに展示致します。2017年4月14日現在、タレント・お笑い芸人・アートディレクター・CGクリエーター・格闘家・ダンサー・起業家など、各業界の第一線で活躍する、総勢19名の方々にご参加いただく予定です。

—–
書店の入口を埋め尽くし、ずらりと並ぶ自己啓発本
「なぜあの人は魅力的に見られるのか?」
「誰からも一目置かれる人になるために」
そんな文字が表紙を飾っている。
どうやれば自分という人間が輝いて見えるのか?

田舎で可愛いと言われたあの子が、東京に来てアイドルになった。
見たこともない司会者が、
ハイテンションで喋っているネット番組。
その後ろで、水着を着た彼女がずっと笑っている。
1,364万ものの人がひしめき合って生きている東京で
僕らは一体何をすれば輝いて見えるのだろうか?

100人中、100人がいいって言うものが本当に魅力的なのだろうか?
100人中、97人は見向きもしないが、
残った3人はめちゃくちゃ好きだというものの方が
魅力的なんじゃないだろうか?

真っ赤なリボンを頭の右に付ける訳でもなく
大きな黒い耳と、白い手袋を着けている訳でもない
ただただ可愛いだけのテディベアを、
もっと魅力的なものにできないものか?
この東京で輝いて見えるように・・・。

発起人 高須光聖
—–

会期

2017年4月29日(土)〜5月28日(日)
11:00〜21:00 (最終入場は20:00)
※ 最終日は18:00閉場(最終入場は17:45)
※ 地下1階のレストラン貸し切り営業時は18:00閉場(最終入場は17:30)となります。

入場料

一般500円 / 小学生以下無料
18:00以降は1,000円のナイトチケットとなります(※ 1ドリンク込み)

トークショー

5/5(金)19:00〜  秋山具義と高須光聖
5/9(火)19:30〜  YOUと高須光聖
5/13(土)17:00〜 下田昌克と高須光聖
5/14(日)19:30〜 ベッキーと高須光聖
5/21(日)19:30〜 くっきー(野性爆弾) と 高須光聖
5/23(火)19:30〜 堤たか雄と高須光聖
5/27(土)17:00〜 ザリガニワークスと高須光聖
5/28(日)13:00〜 増田セバスチャンと高須光聖

※トークショーは当日印入りのチケットをご購入頂き会場に入場された方のみ参加頂けます。
※チケット代以外の費用はかかりません。
※トークショーは先着順/スタンディングでの観覧となります。(受付は開始時間30分前からとなります)
※来場者多数の場合、入場規制となる場合がありますので予めご了承ください。


MORE EXHIBITION


SEZON ART GALLERYは、セゾン現代美術館の新たな活動の一環として東京の神宮前に設立したアートスペースです。 「芸術の日常性」をテーマに、作品が生まれるアーティストのアトリエ、生まれたものが外界と摩擦を起こす展示・ 販売を行うギャラリー、さらに想像力を膨らます人々の対話の場となるカフェ・ダイニングバーが一体化した空間です。


PAGE TOP