今井裕基・香月恵介 “CIRCUS Vol.1”

今井裕基・香月恵介 “CIRCUS Vol.1”

SEZON ART GALLERY B2F


Information

SEZON ART GALLERYでは、若手アーティストを発掘し、紹介していく2人展「circus」の第1弾として今井裕基、香月恵介の二人展を開催いたします。
展覧会のタイトルである「circus」は興行としてのサーカスの意味の他、円形広場、二つの道が交わる円形地点といった意味を含むことから異質な2者が響き合い、時に反発しながら構成される空間を享受することをイメージしています。

今井裕基は筆致と投影を空間性が見えてくるまで幾度となく繰り返し、時にキャンバスの外で文字を起こすなど概念や言葉の外にある絵画的言語を模索しながら画面を構築しています。
俯瞰して見ると鮮やかなパターンのようにも見えるその画面は、徐々に絡まりせめぎ合う色彩と筆致に翻弄されていくうちに不協和音のような、ゲシュタルト崩壊にも似た視覚的愉悦をもたらします。
香月恵介は平面におとしこまれた図像を元にアクリル絵具をチューブでレリーフ状に描き起こす、いわゆるピクセル絵画の手法で非実体である光を物質として画面に置き換えています。
離れて見た際の映像にも似た印象とは裏腹に、間近では色の個々が集合したメディウムの塊として現れ、絵画とはイメージと物質=触覚性の二極の間を行き来するものであることを露呈しています。
今回はキャンバスに3原色を投光することにより、平面から立体、時間軸の中へとさらに色彩が立ち上がっていくインスタレーションを行い、光・色・像とは、絵画とは何かを問いかけます。
独自の探求を行いながら、鮮やかな色彩と視覚的な仕掛けで鑑賞者を引き込む2者が作り出す空間を是非ご高覧下さい。

オープニングパーティー

2017.01.09 (月)
18:00-20:00

今井裕基

1984年愛知県出身。多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2005年GEISAI#8にて小山登美夫スカウト賞受賞ほか翌2006年GEISAI#10にて成山画廊スカウト賞を受賞。2011年にアートフェア  ”YOUNG ART TAIPE” 、2012年に”ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR”(香港)へartdish gブースより出展。

香月恵介

1991年福岡県出身。東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業後、同大学院造形研究科美術専攻領域修了。現在同大学にて助手を務める。大学・大学院修了時ZOKEI賞に選出されたほか、2014年リキテックスアートプライズにおいてグランプリ受賞。2014年より現在まで国内外のアートフェアに多数出展。

在廊日

今井裕基
01.15(日)17:00-
01.22(日)12:00-
01.29(日)
02.05(日)
02.11(土)
02.12(日)

香月恵介
02.12(日)

※アーティストの都合により変更する場合がございます。


MORE EXHIBITION


SEZON ART GALLERYは、セゾン現代美術館の新たな活動の一環として東京の神宮前に設立したアートスペースです。 「芸術の日常性」をテーマに、作品が生まれるアーティストのアトリエ、生まれたものが外界と摩擦を起こす展示・ 販売を行うギャラリー、さらに想像力を膨らます人々の対話の場となるカフェ・ダイニングバーが一体化した空間です。


PAGE TOP