関川航平”以外の見る、を見る”

関川航平”以外の見る、を見る”

SEZON ART GALLERY B2F


Information

この度、SEZON ART GALLERY B2Fでは9月1日から5日まで、関川航平の個展『以外の見る、を見る』を開催いたします。
本展は関川航平が現在参加しているグループ展『BankART LifeⅤ ~観光』(2017/8/4-11/5)において、3ヶ月に渡り発表を続けるパフォーマンス『以外の見る』のうち、初めの約一ヶ月間に行なわれた作業をもとに、映像や資料を展示構成し、並行して開催する試みになります。

関川はこれまで日常的な行為や事象、それらに対する認識を脱構築する切り口から、パフォーマンスやインスタレーション、ドローイングなど様々なアプローチで作品を介して起こる意味の伝達について興味を抱いてきました。

本展に先立って行われているパフォーマンス、『以外の見る』の背景について、下記のテキストを寄せています。

「ある作業の中に考えていることがある」と自覚することは、そこに言語感を発見することで、普段使いの言語感(日本語話者の場合は、日本語)以外の言語感でもって物事を”見る”ことができるようになることだと思います。
つまりは、「以外の見る」というのは「(  )以外の(言語感で)見る」という整理になるかもしれません。

『以外の見る』において初めの一ヶ月間に行われた作業は、文字言語を用いたオートマティズムに近い方法ですが、ホワイトキューブの壁面に粘土を用いて描き連ね、重ねていくといった、感触や身体に抵抗感を伴う一見非合理な作業をフィードバックしながら、時折恣意を介入させることによって新たな”見る”方法を探っています。
関川を通して現れてくる光景と言葉は、不条理でありながら軽やかに私たちの無意識へ新たなパースペクティブの断片を残していきます。

オープニングパーティー

2017.9.1 (金) 18:00-20:00

在廊日

9月2日(土) 17:00 – 18:00
9月3日(日) 11:00 – 18:00
※急遽変更になる場合がございます。


関川 航平|Kohei Sekigawa

1990 宮城県生まれ
2013 筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム版画コース卒業

主な個展
​2017「figure / out」ガーディアンガーデン(銀座・東京)

主なイベント
2017「 ”踏み越え”のデュアルユース 」 VS? collective(早稲田・東京)
2017「 耳の見る、目の聞く Ears are Watching Eyes are Listening 」BLOCK HOUSE(神宮前・東京)
2015「 終わり方について話し合う 」 blanclass(井土ケ谷・神奈川)

主なグループ展
2017「 BankART LifeⅤ 〜観光」BankART 1929(横浜市・神奈川)
    「 BankART AIR 2017 」BankART NYK(横浜市・神奈川)
    「 SICF18 PLAY 」スパイラル(表参道・東京)
    「 3331 AIR FAIR 2017 」アーツ千代田3331(外神田・東京)
    「 一枚の絵の力 Power of a painting 」BLOCK HOUSE(神宮前・東京)
2016「 あざみ野コンテンポラリーvol.7 悪い予感のかけらもないさ展 」横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市・神奈川)
    「 Gallery Voltaire 」スパイラル (表参道・東京)
    「 第14回グラフィック 1_WALL 」ガーディアンガーデン(銀座・東京)
    「 INCIDENTS 2016 」八戸酒造 (八戸市・青森)
2015「 TRANS ART TOKYO 2015 」(神田・東京)
    「 ベップ・アート・マンス2015 」(別府市・大分)
2014「 ゲンビどこでも企画公募2014 」広島市現代美術館(広島市・広島)
    「 横浜ダンスコレクションEX2014 新人振付家部門 」横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜・神奈川)

主な受賞・コンペティション
2017「 SICF18 PLAY 」最優秀賞受賞
2016「 第14回グラフィック 1_WALL 」グランプリ受賞
2014「 ゲンビどこでも企画公募2014 」八谷和彦賞・観客賞受賞
    「 ART×公開空地 都市に介入するアートコンペティション 」グランプリ受賞
    「 横浜ダンスコレクションEX2014 」新人振付家部門 ファイナリスト

作品収蔵
・シドニーカレッジオブアート SCAギャラリー 『危機の種類と回避の方法』『自意識』
・筑波大学 『絵画制作のための装置/過程/結果』


MORE EXHIBITION


SEZON ART GALLERYは、セゾン現代美術館の新たな活動の一環として東京の神宮前に設立したアートスペースです。 「芸術の日常性」をテーマに、作品が生まれるアーティストのアトリエ、生まれたものが外界と摩擦を起こす展示・ 販売を行うギャラリー、さらに想像力を膨らます人々の対話の場となるカフェ・ダイニングバーが一体化した空間です。


PAGE TOP